目元の黒クマ・茶クマ・青クマに関するQ&A!

 

 

目元のクマでお悩みの方は

 

多いと思いますが、

 

目元のクマに関するQ&Aを紹介します。

 

興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

目元にクマができるのはどうして?
目元にクマが出来る原因は、

ひとつではありません。

 

お悩みの多い、
黒クマ・茶クマ・青クマについて
紹介します。

 

 

●黒クマ

 

原因:年齢を重ねるために起こる皮膚痩せ

 

症状:皮膚が痩せる⇒
   目元にくぼみが出来る⇒
   陰になる⇒黒クマが発生。

 

   また、目元に数多くある毛細血管が
   透けて見え、黒クマが目立ってしまう

 

 

●茶クマ

 

原因:紫外線の影響、目をこする等の刺激

 

症状:肌内部にメラニン色素が大量放出⇒
   その色素が茶クマを発生

 

 

 

●青クマ

 

原因:血流が悪くなる

 

症状:10代、20代の比較的若い世代に多い
   寝不足や、毎日のスマホ・ゲーム等
   目を使いすぎると、目元の毛細血管の
   血流が悪くなりうっ血し、
   青クマが発生

 

 

クマにより、原因は異なりますが、
しっかり対処すれば、
状態を良くすることは可能です。

目元のクマにサプリは効果がある?
サプリも目元のクマに効果はあります。

 

例を挙げると、茶クマは
メラニン色素の沈着が原因なので、
ビタミンCを多く配合しているサプリが
良いでしょう。

 

ビタミンCには、
「メラニンの生成をおさえる効果」
「抗酸化作用」
これらの働きを持っているので、
茶クマには効果がありますよ。

 

青クマは、
寝不足や目の疲れで、
目元の毛細血管の血流が悪くなり、
うっ血した血液が黒っぽくなり
青クマの原因となっています。

 

サプリを飲む場合、
血流を良くする働きを持つ
ビタミンEやブルーベリーなどが
青クマには効果があります。

目元のクマが酷くならないようにするには?
目元のクマを、酷くならないようにするには、

効果が期待できるアイクリームでケアしたり、
毎日の生活習慣にも気を配ることが大事。

 

例を挙げると、
茶クマの人の場合は、
紫外線を浴びすぎないように気を付けたり、
目元をこする等の刺激を与えないように。

 

青クマの人の場合、
寝不足に気を付けたり、
目を使いすぎて、目元の血流を悪くしないように
気を付けるなど、
毎日の生活で、少し気を付けるだけでも、
目元のクマが酷くならないように
することができますよ。

目元をこするとクマになってしまうの?
目元をこすることで刺激が発生し、

目元の肌の奥では、メラニン色素が過剰に
作られてしまいます。

 

外部刺激から、肌を守るための防御反応で、
正常な働きです。
紫外線を浴びると、メラニン色素が
発生して肌が黒くなるのと同じ原理です。

 

目をこするクセを持っている方は、
できるだけ気を付けましょう。

 

 

「アイキララ」は、

 

黒クマ、青クマにお困りの方

 

オススメの目元のクマ専用ケアクリームです。

 

 

興味がある方は公式販売サイトから、

 

詳細をチェックしてみてくださいね!

 

 

クリック⇒クチコミNO.1!医学誌でも認められた!アイキララ公式