【注意!】目の下の青クマ・茶クマを見分ける方法とは?

 

目の下のクマが目立つようになってくると、悩んでしまうのがクマの見分け方です。

 

クマのタイプによって、それぞれ改善方法が異なるので注意したいポイントといえます。

 

 

クマには大きく分けて3つの種類があり、黒クマ、茶クマ、青クマと分類することが出来ます。

 

 

特に見分けが付きにくいのが、青クマと茶クマです。

 

この2種類は混合されてしまうことも多く、見分けるのが難しいといわれています。

 

 

そんな時に、これらの簡単な見分け方として、鏡を利用する方法があります。

 

 

まず、鏡を低めのテーブルに置きます。

 

そこに自分の顔を映し、大きく天井を見上げるように上を向きます。

 

 

その状態で設置した鏡を見下ろして下さい。

 

 

もしもクマが薄くなっているように見えたら、青クマの証拠です。

 

このタイプは下から見るとクマが薄くなるのが特徴で、血行不良が主な原因となり、クマができているといわれています。

 

改善方法としては温めたホットマスクや、アイマスクを目元にのせると効果的です。

 

また、身体全体の血行が良くなる、ゆっくりと湯船に浸かる入浴も効果的といわれています。

 

 

血の巡りを良くすることで、目立つクマを軽減させることができるでしょう。

 

 

 

次に茶クマの見分け方です。

 

このタイプはクマの部分を目尻側に向けて、指で軽く引っ張ってみることで判断できます。

 

引っ張った時に茶色が薄くなり、クマが目立ちにくくなった場合にこのタイプと判断できるでしょう。

 

 

茶色はなかなか、化粧品では隠しにくく厄介な色といえます。

 

このクマを改善させるには、美白化粧品の使用や肌への摩擦を出来るだけ避けることが重要です。

 

茶色い部分は、肌への摩擦が原因となり色素沈着を起こし出来てしまうといわれています。

 

毎日の肌のお手入れや、化粧の時に無意識に目元を擦るクセが付いている人は多いものです。

 

そうしたクセを意識的に改善していくことや、美白化粧品を上手く取り入れることで、色素沈着を薄くし、クマを改善していくことができるでしょう。

 

 

★注意してください!!!

 

加齢により目のクマが目立ってきた!
そんな方にはさらに根本的な対策が必要です!

 

その対策とは「加齢による皮膚痩せ」対策!

 

加齢による目元の皮膚痩せは、
青クマ、茶クマ、黒クマの原因になります!

 

そんな目元の皮膚痩せによるクマを
ケアするための専用アイショットクリームが登場!

 

↓↓詳細はこちら!↓↓